麟の字香合

麟の字香合について

麟阁の歴史

千利休が秀吉の怒りに触れて死を赐ったとき、利休七哲に数えられる茶人であった蒲生氏郷が利休の子少庵を会津に匿いました。その时、少庵が氏郷のために作った茶室が「麟阁」と言われています。

その後少庵は许されて帰京しますが 、その际の「少庵召出状」が表千家不审庵に伝えられております。

戊辰戦争に败れ本丸御殿取り壊しの後、麟阁は市内の薬种店森川家に移筑保存されておりましたが、市政90年を记念して平成2年(1990年)9月に元の场所に移筑复元されました。

奇しくも、利休没後400年にも当たり、また、少庵ゆかりの茶室ですので、表千家 千宗左お家元が「少庵召出状」を挂けて茶室开きをなさり、同时に表千家全国大会を会津若松市で开催されました。

麟の字香合

麟の字香合は、その全国大会の记念品として弊店で承り、制造した香合です。

材质は欅で、木目を生かしたすり漆仕上げにし、内侧は金箔押しにしております。

盖表の「麟」の字は、お家元の书を莳絵にしたもので、シブイチ(四分一) の粉を莳いております。

シブイチ(四分一)とは

シブイチ(四分一)とは、银と铜の合金のことです。合金における银の比率が四分の一である事から出来た名称です。

胧银(ろうぎん、おぼろぎん)とも呼ばれ、金属工芸ではよく使われる材料です。

一般商品の莳絵に使用することはあまりないのですが、お家元の书や少庵と氏郷の物语に相応しく、金や银のきらびやかな辉きではなく、渋みのある仕上がりにするために工夫したものでございます。